あなたを もっと ハレにする。 盛岡の占い師 蓮(Ren)のページ

 M様からのご感想 (30代 女性)

講座を受けて1週間ですが、驚きの連続だったので、ご報告します。

講座を受ける前、図書館で本を借りていました。

読む気がせず、放置していました。

よしもとばななさんの『彼女について』という本です。

講座終了後、ふと気が向いて読み出したら、セリフの中に、講座で習ったことが書かれていました。

こんなにタイミング良く読めるとは!

きっと私に、受け取る許可ができたんだと、そのメッセージをありがたく受け取りました。

それにしても、神様はきっと「あなたの手元に、もう届いているよ。あとは読む(受け取る)だけだよ。
早くブロックを外して!」とやきもきしているだろうな、と思いました。

そうしたら、受け取りそこねたことが、どんどん思い起こされました。

私は、はっきり言って、『受け取り下手』でした。

「私なんて」、「私ってダメなやつ」と常に考えていました。

職場はもちろん、友人との付き合いですら、遠慮していました。

講座のあと、友人のひとりから頼まれごとをしました。

いつもならタダで引き受けますが、習ったことを思い出し、勇気を出して「引き受ける代わりに何かおごって!お昼かケーキ!」と提案してみました。

すると、「どちらもおごるよ!ぜひ奢らせてください!(^-^)」との返事。

なんだ、怖いことじゃなかった。

こんなに受け取っても良かったんだ。

私でも、少しずつ、ブロック外せてる・

受け取る許可、できるようになってきた、と嬉しく思いました。


そして、決定打がありました。

講座で最初にタロットをするのですが、出てきたカードについて、蓮さんに「今月のVivittoに載ってるから、そちらの記事も読んでみてね」と言われていました。

実は、3ヶ月前に占っていただいた時も、同じカードが出ました。

私にとって、重要なカードなのかな?

不思議に思いながら、さっそく本屋さんへ。

Vivittoの『サニサニサニーのタロットの気持ち』には、『女帝』と書いてありました。

メッセージは、「受け取る許可を下ろすことです」と。

狐につままれるとは、このことです。

そのまんま、答えがここにあった。

手元にあるのに読みもしない本。

受け取り損ねていたギフト。

メーテルリンクの青い鳥。

欲しくて欲しくて、散々探し求めていたものは、本当はすでに持っていた。

まさか、3ヶ月前にすでに答えをもらっていたとは。

こんなにタイミング良く、今月売っている雑誌に答えが載っているなんて。

そして、おそらく、手元にあるのに開封していないギフトが山のようにある、と思いました。

あとは、受け取る許可を下ろすだけ。

開封されるのを待っている、と。


あんまりびっくりしたので、この手紙を書きました。

差し支えなければ、ぜひ蓮さんの良いように使ってください。
みなさんが、ブロックを外す一助になれば良いな、と思って書きました。

参考になれば幸いです。




M様、ありがとうございます!

ヒントに気づこうとしないときは、どんなヒントをもらっても、心に入っていきません。
愛に気づこうとしないときは、まわりにどんなに愛が溢れていても、愛に気づきません。
3か月前は、きっと、そんな感じだったのですね(^-^)

「受け取るに値しな自分」と思い込んでいたために、「受け取っていきましょう!」と言われても、どこか他人事のように受け取ってしまっていたのでしょう。

そして、今回、「受け取っていい自分なんだ!」というのが腹に落ちたとき、受け取っていたたくさんのギフトに気づかれたのですね。

「ずっとあった!」「たくさんある!」と気づいていく過程を綴っていただいたお手紙、読んでいて心が温かくなりました。

ありがとうございました!



お客様の声に戻る