たとえば、こんなシンデレラストーリー

自分がやることがうまくいく気がしない。失敗を怖れてびくびくするF子さん

 
F子さんは自分のやることは失敗するような気がします。
「私は人の期待に応えられないだろう」という気がするのです。
人の指示に従っている時はいいのですが、自分で考えて行動しなくてはいけない場面になると、大きなプレッシャーを感じます。
 
自分がしたことの結果を心配したり、うまくいったことではなく、うまくいかなかったことにフォーカスしがちです。
 
また、物事をなんとなく悲観的に考えがちです。
 
そのため、新しいことをするのを避けたり、能力以上のことにチャレンジすることを避けます。
「失敗するくらいなら最初からやらない方がマシだ」と思っているのです。
白黒思考、all or nothig思考を作り出すのです。
 
責任のある仕事をするときは、失敗しないようにとても念入りにチェックし、それでも不安になります。
 
仕事では、悲観的な予測をし、そのとおりに失敗することもあります。
 


 

その後のD子さん

 
カウンセリングをしていくと、F子さんには、「私は常に失敗する」「自分で考えたことは失敗する」という思考パターンがあることがわかりました。
 
また、「失敗すると罰を受ける」「失敗したら攻撃される」「失敗したら見捨てられる」という怖れを抱えていることもわかりました。
 
代わりに、「加点法で考える」「自分のアイディアで成功する」という思考パターンをインストールしました。
 
今でも念入りにチェックをしますが、それは失敗を怖れてではなく、より良い仕事をするためという前向きな気持ちからです。
 
また、失敗というものはなく、学びがあるだけだととらえることができるようになり、失敗しても必要以上に自分を攻めることが無くなりました。
 
今は自分のアイディアで起業することを計画中です。
 


シンデレラストーリーTOPへ